So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

ペリドットアクセサリー制作 [DIY]

ペリドットのルースが手に入ったのでこれでアクセサリーを作ります。

p6.jpg

屈折率がダイアモンドやジルコニアほどではないのですが昔の夜会の薄暗い中でも綺麗だったといわれている素朴な緑色の透明感のある色合いで、石の意味合いとしては和合、厄除け等です。
 作るアクセサリーは大きな石を入れるのですが、曲面を生かして成形します。意味は大きくなったペリドットの悲しみという事で。

銀粘土を成形して大きな石なので同じ大きさのジルコニアを最初から入れて、丸環をつけておきます。前こりたので今度は生成しやすい PMC3を使います。

p1.jpg

大きいので1時間ぐらいドライヤーで乾かして 600,1000,3000 とやすり掛けします。

p2.jpg
p3.jpg

3000番は目が細かく銀肌が出ています。

p4.jpg

石が外れましたが、ここでまた10分ぐらいドライヤーで乾燥させて、丸環の上も銀粘土で一体化します。

p5.jpg

焼成します。

p7.jpg

形が曲面だけなのでセラミックポイントでリューターで研磨して、羽で3000番まで研磨して、鏡面加工しました。だいぶコツがつかめました。
 気をつけないといけないのはペリドットは屈折率が低く今回のは大きいので裏がそのまま見えてしまうので取り付ける穴の中も鏡面加工に近いところまで持っていきます。

p8.jpg

接着して完成。

大きな天然のペリドットはジルコニアとは違い落ち着いた綺麗さがありとても綺麗です。
見ていると凄く深い色をしています。
今回は8時間ぐらいでした。

p9.jpg

プレアデスのアクセサリーも再研磨しました。
大きいので表面をコーティングできないか検討していますがレジンは表面がべたべたしてしまい難しいです。

融和の象徴であるペリドットは何を思っているのでしょうか。

p10.jpg

ポケモンGOでメタモンが出ました。
最初何かと思いましたが、CPが超低いです。
バトルしてみたいですが、なんか一撃で終わりな感じが。



nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

カンムリカイツブリ [野鳥]

近くの公園の池でミコアイサを探していたら何やら大きな鳥が居てました。

kanmuri.jpg

琵琶湖で見かけたカンムリカイツブリでした。
こんな大きな鳥が渡り鳥のキンクロハジロやヒドリガモに交じって1匹だけ居てました。
迷ったんでしょうか。
琵琶湖では留鳥ということらしいのでここまで琵琶湖から飛んできたとしたら長い距離をお疲れ様です、、、

会社で初めてリングを研磨できました。
鋳造のリングは柔らかく曲面もCADで出しているそうですが、湯道は手作業で研磨します。
完全に一体化させるには相当な腕前が必要と思います。

koumaru.jpg

鏡面が出ていないのは手前の手順がうまくいっていないからというのは目から鱗でした。
面白いです。
仕事とは全く関係ないんですが、、、


nice!(8)  トラックバック(0) 

NFJ YB-DIA202J [オーディオ関係]

NFJ より YB-DIA202J が試作版ということで発売されました。

_a.jpg

内容が相変わらず価格不相応なてんこ盛りで電源部分なども凄いことになってます。

_b.jpg

何といってもこれはyamaha のデジタルアンプ YDA138 が2つモノラルで使われています。
これにより出力にも過不足はないのではないでしょうか。

_c.jpg

USB 入力は CM108 で 48khz までですが、このように取り外せるようになっていますので後で
付け替えたり自作のものに付け替えたりできます。

オーディオコントローラに TM2313 というものが使われています。
これはボリュームやラウドネス、トーンコントロールを I2C 経由で外部の CPU からコントロールできる主に車載オーディオのチップのようです。
車載用といっても歴史のあるコントローラのようで特性は優れているようです。
これのいいところはラウドネスコントロールが付いている点で小音量時に低音のブーストがされ、ボリュームと連動します(音量が上がるとブーストが少なくなる)。
これと低音のトーンコントロールも組み合わせられるので低音が足らないスピーカーではかなり重宝します。
BOSE の 101IT との組み合わせでは低音ブーストをかけると小型スピーカーとは思えない低音が出ました。
音は解像度が若干低めで聞きやすい音と思いました。
オペアンプを LM49860 に変えてBGM用に常用していますが今の状態で不満がありません。

改造ベースに最適ということですが、現時点の価格ではお得感が凄いあります。
出力のコンデンサなども選別されているのでオペアンプ交換ぐらいで今はとどまっています。

ただ、せっかくのヤマハのYDA138 が2つ載っている贅沢仕様で前段がカーオーディオのコントローラなのでダイレクト入力があれば(パワーアンプとして使用)いいと思います。

最近変わったCDを買いました。
菅沼孝三さんの弟子である川口千里さんが Rie a.k.a. Suzaku(凄くいいメロディーの曲を作る人です) とのセッションで叩いている youtube



で凄いベース(他もですが、、、)を弾いている清(kiyoshi) さんのファーストCDで、通販ではamazonでmp3 しかダウンロードできないものですが、直販しています。

R0020942.JPG
2016 KIYOSHI KYS-0001
killer tune というところで買えます。
音はハードロックやメタルを基本としていますが、日本のメロディーが入っていてそれに独特のベースのパターンがあり容姿とマニアックさと混濁した中の綺麗なメロディーが混在してなんとも言えない独特な世界を構築しています。音は録音がライブハウスのような録音で、手作り感が満載ですが、まだ粗削りながら音楽性のある独自性が感じられます。ベースとドラムだけの録音です。直筆サイン入りステッカーが素敵でした。ギタークラフト校講師という異例の経歴の持ち主です。ITは言わずもがなですが、人がつぶされまくっている日本でこういう草の根でもやりたい方が頑張っている現状があり、簡単に情報も得られないので苦労します。
こういうのを聞いたり見たりしているとなんとも懐かしいような反省しないといけない感じにもなります。


nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -