So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

自転車スタンド戻らない修理 [DIY]

かなり前に買った電動自転車で親が使っているのですが、突然スタンドが上がらなくなったという事で自転車を置いてきたという事態になりました。

かなり遠いところに置いてきてもう汗だくで真夏の日の中帰ってきたようです。
まだ、元気で安心もしたのですが、取りに行ってしかもそこで修理しないといけないです。

前に一度同じような症状になってその時は無理にスタンドを誰かに戻してもらって部品が曲がっていたのでそれかなと思いながら工具をもって歩いて取りに行きました。

そしてスタンドを上げてみると確かに見事に引っかかって上がりません。

部品もまっすぐに修正したままで一見どこもおかしくないように見えました。

暑い中どうしようと思っていたのですが、発見しました。

a0.jpg

赤でしるしをつけたところが自動ロックの機構なのですが、ローラー側がさび付いていました。

a2.jpg

さらに、上側が何回も無理な力がかかり鉄がへこんでいました。

a1.jpg

さび付いたローラーがこの凹みに食いついて動かなくなっていました。

とりあえず、ロックを少し戻してサドルを上げて帰宅して、凹みを金やすりで平らにしました。

ローラーはもうさびていてどうしようもなくとりあえずは注油とグリスを上側にも塗布したところ無事スタンドが上がるようになりました。

これ、後で調べてみたら結構有名な不具合のようですが、こういう大量に出ている部品でこういう不具合は驚きでした。

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PAS Brace-L 後輪タイヤ交換 [DIY]

もう買ってから余裕で10年以上は経過しているPAS Brace-Lですが今だバッテリーも大丈夫で現役です。

しかし、前に前輪のタイヤがヒビが入っていて交換したのですが、後輪も同じようにかなり古くなっているのでいつかダメになるだろうと思っていたところ、後輪のタイヤに出っ張りが出てしまいました。

どうも、内圧に負けてタイヤ自体が形を保てなくなったぐらいすり減ったようです。

後輪は構造が複雑でできればやりたくなかったんですが、交換することにしました。

とりあえず、ネットで調べて大体やり方を把握しました。

交換するタイヤは




にしました。

a1.jpg

チェーンは駒を外して切断しておきます。
こうするとかなり手間が省けました。

a0.jpg

後輪のブレーキのワイヤーを外します。
後で戻せるようにしるしをつけておきました。

a2.jpg

いきなり後輪が外れてますが、一番厄介だと思っていた変速ワイヤーは引っかかってるだけで簡単に外れ、組みなおすときもはめ込むだけでした(ただし、組みなおすときはかなりはめにくく苦労しました)。

a3.jpg

こんな感じでアセンブリーになってます。

a4.jpg

こちは速度を計測するエンコーダーマーク?になってます。
かなりプラスチックにヒビが入ってますが、このままいきます。

a5.jpg

外したタイヤを見てみると後ろから見てももう裂ける寸前でした。

新しいタイヤを付けて組みなおして終了。

後輪を止めている大きなナットはとりあえずは締めて後輪を回してみてスムーズに回るように微調整して本締めして、試しに乗ってみてまたスムーズに回るか確認します。

完成と行きたいところですが、組みなおしたのちタイヤから空気が抜けてました。

またタイヤを外してチューブを出して水につけて穴を探してパッチを当ててると、また空気漏れ。

次は水につけてもなぜか空気が漏れておらず、原因不明でしたが、バルブの虫を交換したら今度は空気が漏れなくなりました。

結果、交換自体はアセンブリーパーツで構成されていて思ったより簡単でしたが、のちの空気漏れはかなりてこずりました。

タイヤ交換するときはチューブも交換した方がいいかもしれません。





HE規格なので一般の自転車とは規格が違いサイズの数値が同じでも互換性ありませんので注意必要です。

結構大変でした。

これで前後ともタイヤも新品になってまだだいぶ乗れそうです。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4312MKIIWXビビリ音修理 [オーディオ関係]

暑いですね。

急に寒くなるかもしれません気を付けないといけないです。

ほぼ20年ぐらい前に買った JBL の 4312Mk2WX ですが、急に右スピーカーのウーファー(2213H)からビビリ音がなるようになってしまいました。

アッテネーターを絞ってウーファーだけ鳴らして確認すると、中高音はきちんと音が鳴ってますが、低音がビビってまい音がバリバリいうだけになってしまいました。

夜中の2時ぐらいだったので勘弁してほしいですが、仕方ないのでドライバーで四隅を止めてるネジを外してウーファーを取り外しました。

4隅のネジを外してマイナスドライバーで慎重に隙間から力を加えて外すとがこっと外れましたが、すごく重い上に落とすと確実に紙でできたウーファーにダメージが及ぶのでものすごく慎重に作業します。

外しても相変わらずビビってるのでボイスコイルが接触してるか何かかなぁもうダメかもと思って、ウーファーの端を指で触ると位置によってビビリが収まります。

そして、買ってからしばらくして同じような症状が出たのを思い出しました。

その時は外してつけなおしたら治ったのでそれから15年ぐらいでしょうか。

今回は原因を突き止めないと収まらないような感じがします。

そして、そうこうしてるうちにどこを見てもおかしくなく、ウーファーもスムーズに上下してボイスコイルが接触してる感じもなくダメかと思ってもう遅いのであきらめて箱にまたねじ止めしたのですが、ここで一部だけねじ止めしてるうちにビビり音が収まりました。

そして、色々なパターンを試しているうちに

a0.jpg

赤い部分を締め付けてその他は緩めておくとビビり音が鳴らなくなることを発見しました。

それで15年前もつけなおしたら治ってたんですね。

ウーファーと言っても大きな共振体ですから周波数によってはうまくならなくなったりスピーカーって難しくて、設計も良くできてるんだなぁと再確認しました。

でも、アメリカンというかおおらかで、組み立ての段階でもネジの締め付けで手作業でビビらないようにしてたってことでしょうか。凄い時代ですね。

歪もないか確認して、ピアノの曲とかを流してると、凄くふくよかでいい音がします。

そして、あの JBL のブルーバッフルの匂い。

無理して買った時の感動がよみがえりました。

あれから20年、一時を除いて未だ現役です。

そして、この2213Hというウーファーは耳を近づけて聞くと高音から低音までフルレンジのように鳴っていて(4312は直結です)スコーカーを LE5-2 に変えましたが2213Hの音色はとても暖かくていいなぁと改めて思いました。

ともかくも直し方?がわかってホッとしました。
これからもいい音を聞かせてほしいと思います。

2019/5/31 追記
左側からもビビリ音が出るようになりました。
エッジは布なので丈夫で大丈夫そうなのですがコーティングの問題でしょうか。
確かに硬いようにも思いますが、がちがちというわけでもないです。

右は締め付け位置を変えると共振?周波数が変わるようでビビり音は無くなったのですが、左は治ったり治らなかったりします。

それでとりあえず、小音量でしか聞いてなかったのでダンパー含め系の全体が低周波数でうまく動いてないんじゃないかということで20Hzの信号を入れて8時間程度鳴らしっぱなしにしました。

20Hzでは音は聞こえないですがウーファーが動く程度の入力なので結構電力は入ってますので聞こえないけど大音量というレベルでアンプの負荷やボイスコイルの負荷を考えて発熱などを監視しながら実行しました。

そうするとビビり音は無くなったようです。

原因ははっきりしませんが、全体がこなれたからかもしかしたら何かが当たっていてそれが振幅を比較的大きくとったので離れたのかもしれません。

2019/6/8 追記
さらに20Hzでエージングしたところ変な付帯音がして調べてみるとツイーターの周りが共振していました。ネジを占め直して付帯音は無くなりました。
各周波数で鳴らしてみて変な共振がないか調べてだいたいOKになりました。
13Khzぐらいまで聞こえましたが、これ以上は聞こえず。
20Hzでも結構聞こえるのでDEQ2496のイコライザで20Hzまでを+補正しました。
2213Hは結構下の方まで再生されてるのが確認できました。
ポートノイズが少しあるのですがこれはちょっと難しそうです。
調整後は全体的にS/Nが上がって雑味が無くなった気がします。
古いスピーカーを持ってる人は一度スイープ音を入れてみて変な音がしないかチェックしてみたら音が変わるかもしれません。

nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -