So-net無料ブログ作成

deq2496修理 [オーディオ関係]

もうだいぶ長い間使っている ベリンガー DEQ2496 ですが、イコライジングに今も使い続けています。

ALEXA の音声を外部スピーカーで鳴らすためにアナログ入力を使っているのですが、最近どうも左の音量が小さくなるようになりました。

a3.jpg

アナログ入力の接触不良かと思いましたが、接続をいじっても治らず仕方ないのでばらして修理します。

a0.jpg

久々に開けましたが、劣化とかはないようです。

a1.jpg

XLR 端子がアースにバイパスされていますが、ここがなんか割れてるようだったのではんだ補正して、その他もはんだし直しました。

a2.jpg

アナログ入力の最大レベルを決めるスイッチが裏面にあるのですがここはアナログでの処理となっていてデジタルではなくここも端子をはんだし直しました。

すると直ったようです。

まだまだ現役で頑張ってもらえそうでほっとしました。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 2

そらへい

自分で中を開けて、悪い箇所を見つけて
治せるなんて羨ましいですね。
私は、調子悪くなるとそれが見る人に取っては簡単な事でも
お手上げです。
by そらへい (2019-03-22 21:11) 

ski

>>そらへいさん
それが僕も専用の計測機器をそんなに持ってるわけでもないので大体はんだ割れか、接触不良か、コンデンサの液漏れぐらいかと検討をつけてるだけなのです。
今回のは簡単な故障だったというか DEQ2496 が丈夫だったという事だと思います。
今年は花粉症か目の調子も良くなくて、このタイミングで壊れたのでまいりました、、、

by ski (2019-03-23 00:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。