So-net無料ブログ作成

BSアンテナ故障 [DIY]

台風21号が過ぎた後で急に BS が映らなくなってしまいました。

アンテナレベルが0です。

BS の回線は10年ぐらい前に自分でつけたもので当時四苦八苦してつけた記憶があり、
配線や分岐、UHFとの混合などすっかり忘れています。

台風ぐらいでアンテナが壊れるとも思えず実際屋根で放置される設計になっているはずですし。

それで、ケーブルか、分岐機、UHF との混合機が壊れてしまったのが疑われました。
地上デジタルは映っているので UHF の信号は来ています。

すっかり忘れていたのですが、BS は衛星周波数は10Gでパラボラアンテナで受けてそれをコンバーターというBSのパラボラアンテナの先についた機械で 1GHz に落として UHF の信号と混合機で混ぜて UHF のケーブルで送っていました。

UHF の信号線にコンバーターを動作させる 15Vぐらいの電圧を BS の受信機から送りそれで回路が動作します。

なので断線が疑われたのでテスターで計ると15V出ていました。

それでコンバーターを見てみると長年の風雨で外壁のプラスチックがボロボロになっていて受信分がめくれて中に水が入っていました。
しかし、昨日まで見れていたのになぜ急にダメになったのか不思議でまだアンテナがダメとは思えなかったのですが、アンテナは今は3000円ぐらいで買えたのでコンバーターだけ買えるより全替えしたほうが安そうでアンテナを買いました。

それで交換すると治ってしまいました。

外したコンバーターは鋳造製の筐体に入っていて頑丈そのもののようでとりあえず中身を開けてみました。

a1.jpg

中にもシールドがあります。

a2.jpg

シールドを外しました。
何も問題ないように見えます。
10年経ったとは思えないぐらい綺麗です。
中には 10GHz と 1Ghz の増幅用と思われる高周波トランジスタが入っています。
今これが3000円でパラボラアンテナと一緒に売られています。

a3.jpg
アンテナ側を見てみるとありました。浸水後です。一晩でこれだけ腐食したのか長年の結果かわかりません。

結局はアンテナ交換で直りましたが、自分でやったことも忘れることを前提に記録しておかないと危ないと思った出来事でした。

いつまでも若いと思っていたら年を取っていた気がします。

太陽電池のシステムも早くソフトを完成させて(まだ完成していない、、、)ドキュメントにまとめておかないと後後困ると思いました。


川口千里さん 16th TOkyo Jazz Festival
気持ちよく叩いてそうで、素晴らしいです。これも黒歴史になるんでしょうか
フィリップセスとか、こういうサポートがしっかりされる気質もあるのではないでしょうか。


nice!(14)