So-net無料ブログ作成

ZenFoneZoom(ZX551ML)バッテリー交換

ASUS の ZenFone ZOOM(ZX551ML)ですが、バッテリーが最近持ちが悪くなってきました。
このスマホはもう2度とないであろう本物の光学3倍ズームが付いています。
初期の不具合もあり、その後採用はされず単焦点レンズの組み合わせになってしまいました。

レンズの性能は悪くなく周辺まで解像もしていて歪みもあまりなく、もうこういう思い入れのあるスマホは出ないんじゃないかという思いもあり、なんとか電池の延命を図りたいと思います。
ちなみにこのスマホはまたレアな事に CPU がインテル製で、亜流そのものですが、別に今までアプリも普通に動き困ったことがなかったです。Android はマルチ CPU を基本としてましたし。ただ、今後 AI のエッジ化により CPU 以外に個別デバイスを乗せてきそうで今後の方が互換性が心配です。全体のアーキテクチャを考えてくれそうなお上の人はもういなさそうです。

交換バッテリーを探したのですが、これがないです。
一度間違えて ZenFone2 のバッテリを注文してしまいました。

探したところ ebay にありましたが、イタリアからで送料込み6千円ぐらいしました(ZenFone2 のバッテリは1000円ぐらいです)。

a2.jpg

来るか心配でしたが意外とすんなり配送されてきました。
今まで ebay は来なかったのは1回だけでその時も返金されたのでラッキーなのかもしれません。

a1.jpg
とりあえず、裏ぶたを開けました。
全部+ネジで特殊ドライバはいりませんでした。
赤枠で示したところを外します。
気をつけないといけないのはバッテリの外し方で両面テープで止めてあるので粘着力がかなりあります。

バッテリボックスはメモリとSIMの基板と一体化されていて、全て両面テープで止められていますが、メモリとSIMカードの基板は再利用する必要がありますが、これをはがす必要があります。これは ebay で売っていたのではがす際に壊してしまう可能性があり買った方が無難かもしれません。

a3.jpg

何とかはがしました。ヘラを使ってはんだ付けしている部分には力がかからないようにしましたが、かなり危ない作業でした。

a4.jpg
はがした基盤は裏に導通部分があるので、ここは念のため両面テープで絶縁しておきます。

a5.jpg
バッテリーを外すとこんな感じです。バッテリーを固定しているテープもありましたが、バッテリーケースにかなり強力に両面テープで張り付いており、さらにねじ止めされているので今回はここは接着しませんでした。

a6.jpg
新しいバッテリーとバッテリーケースに基盤を両面テープでつけます。

a7.jpg
組み付けて完成です。

バッテリーを外すのにかなり苦戦したのと、フィルムの基板をはがすのがかなり難易度が高かったので基盤も購入すれば交換のレベルは少し難しいぐらいだと思いました。
基板を購入しない場合かなり難易度は高いと思います。

とりあえず、これでしばらくは大丈夫そうです。

nice!(21)