So-net無料ブログ作成

LE5-2 [オーディオ関係]

社会人になりたて当時とてもほしかったスピーカーを随分(相当;;)無理して買いました。
JBL 4312MkII というスピーカーでした。
憧れのブルーバッフル。
喜んで聞いていましたが、私にとってはこれが JBL スピーカーの音となります。
それから20年も経ちました。
いまだに現役ですが、ハードオフで Lancer L101 という JBL の古いスピーカーの音を聞いてしまいました。

凄く乾いたピアノの音、軽くて切れが良いのに量感のあるベース、シンバルの音は聞けませんでしたが、かなりショックでした。
今まで聞いていた音が如何に現代的に洗練された音で、古臭いと言われてた(当時)4312ですらすでに民生用にチューニングがされていたという事が分かりました(別に悪い音というわけではないです)。

それから L101 というスピーカーがあればいいなと思いながら高いしでかいし無理だなぁというひびが続き、ふとしたことから 4311 という 4312 の前身のスピーカーは往年の JBL サウンドになっているという事を知りました。

それで調べていたところ JBL のアルニコマグネットのユニットであれば L101 の音が出そうという事が分かってきました。

4311A はオールアルニコで、4312 とはユニットの外形が同じでユニットの差し替えができます。
クロスオーバーとかは違いますが、ほぼポン付でOKという事のようでした。

そこで手軽に手に入りそうだったミッドレンジの 104H-3 のアルニコ版 LE5-2 に替えるのが一番効果が高そうでした。

幸い今でも程度の良いものがたくさん出回っていました。

a1.jpg
LE5-2

もう、50年ぐらい前のユニットで作りがまるで違うのがわかります。
磁石はアルニコでつぼ型の磁気回路の中に入っていてとても重いです。

a2.jpg
今でも取引されているユニットなのでメンテナンスがされていて端子はぴかぴかでした。

a3.jpg
コーン紙はペラペラの紙でかなりよれてますが、黒いのでリコーンされているかもしれません。

a6.jpg
ユニット付け替えの為に端子を作ります。

a5.jpg
104H-3 を取り出し。
黒い筋が入っている方がー(マイナス)で、LE5-2 の黒につなげます。

a7.jpg
端子をつけて。

a8.jpg
繋げます。

a4.jpg
一度単体で聞いてみましたが、結構低域もなっていて単体でも聞ける感じでしたが、思っていたような鮮烈な音ではなく濃い音であれっと思いました。L101の音はこういう音ではなかったような。

a9.jpg
こんな感じにおさまり 4312 シリーズが長い間にも関わらずこういう互換性があるのが凄いことだと思います。色々いじれるし好みの音も選べる一生ものになり自分の音にできる4312というスピーカーは時代を超えて大変コストパフォーマンスが良いと思います。

聞いてみると単体で聞いた音とはまるで違う乾いたピアノ、鮮烈なシンバルレガート。
コーン型ですがホーンの L101 で聞いた音に近いと思いました。
しばらく聞いていると、あまりに鮮烈なシンバルとホーンの音にこれが JBL の音かと思った次第でした。
古めの音楽が元気よく生き生きと鳴ります。
演奏の気迫がまるで違い、50年ぐらい前のスピーカーがここまで鳴るという驚きもありますが、昔の音楽家の気迫が伝わってくるようで、鮮烈です。
音が前面に張り出してとにかく元気がいいです。

20年目にしてまぁ、そろそろ改造もいいかなと思って変えてみましたが、本来の音はいったいどれか、時代それぞれの好みなんでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=ViyZ49RsNfk
激レアドラムバトル
6連+6連(バス2+タム2+バス2)は確かにあの高速フレーズの一端が見えて勉強になりました、、、


タグ:改造 LE5-2 4312Mk2
nice!(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー