So-net無料ブログ作成
オーディオ関係 ブログトップ
前の3件 | -

4312MKIIWXビビリ音修理 [オーディオ関係]

暑いですね。

急に寒くなるかもしれません気を付けないといけないです。

ほぼ20年ぐらい前に買った JBL の 4312Mk2WX ですが、急に右スピーカーのウーファー(2213H)からビビリ音がなるようになってしまいました。

アッテネーターを絞ってウーファーだけ鳴らして確認すると、中高音はきちんと音が鳴ってますが、低音がビビってまい音がバリバリいうだけになってしまいました。

夜中の2時ぐらいだったので勘弁してほしいですが、仕方ないのでドライバーで四隅を止めてるネジを外してウーファーを取り外しました。

4隅のネジを外してマイナスドライバーで慎重に隙間から力を加えて外すとがこっと外れましたが、すごく重い上に落とすと確実に紙でできたウーファーにダメージが及ぶのでものすごく慎重に作業します。

外しても相変わらずビビってるのでボイスコイルが接触してるか何かかなぁもうダメかもと思って、ウーファーの端を指で触ると位置によってビビリが収まります。

そして、買ってからしばらくして同じような症状が出たのを思い出しました。

その時は外してつけなおしたら治ったのでそれから15年ぐらいでしょうか。

今回は原因を突き止めないと収まらないような感じがします。

そして、そうこうしてるうちにどこを見てもおかしくなく、ウーファーもスムーズに上下してボイスコイルが接触してる感じもなくダメかと思ってもう遅いのであきらめて箱にまたねじ止めしたのですが、ここで一部だけねじ止めしてるうちにビビり音が収まりました。

そして、色々なパターンを試しているうちに

a0.jpg

赤い部分を締め付けてその他は緩めておくとビビり音が鳴らなくなることを発見しました。

それで15年前もつけなおしたら治ってたんですね。

ウーファーと言っても大きな共振体ですから周波数によってはうまくならなくなったりスピーカーって難しくて、設計も良くできてるんだなぁと再確認しました。

でも、アメリカンというかおおらかで、組み立ての段階でもネジの締め付けで手作業でビビらないようにしてたってことでしょうか。凄い時代ですね。

歪もないか確認して、ピアノの曲とかを流してると、凄くふくよかでいい音がします。

そして、あの JBL のブルーバッフルの匂い。

無理して買った時の感動がよみがえりました。

あれから20年、一時を除いて未だ現役です。

そして、この2213Hというウーファーは耳を近づけて聞くと高音から低音までフルレンジのように鳴っていて(4312は直結です)スコーカーを LE5-2 に変えましたが2213Hの音色はとても暖かくていいなぁと改めて思いました。

ともかくも直し方?がわかってホッとしました。
これからもいい音を聞かせてほしいと思います。

2019/5/31 追記
左側からもビビリ音が出るようになりました。
エッジは布なので丈夫で大丈夫そうなのですがコーティングの問題でしょうか。
確かに硬いようにも思いますが、がちがちというわけでもないです。

右は締め付け位置を変えると共振?周波数が変わるようでビビり音は無くなったのですが、左は治ったり治らなかったりします。

それでとりあえず、小音量でしか聞いてなかったのでダンパー含め系の全体が低周波数でうまく動いてないんじゃないかということで20Hzの信号を入れて8時間程度鳴らしっぱなしにしました。

20Hzでは音は聞こえないですがウーファーが動く程度の入力なので結構電力は入ってますので聞こえないけど大音量というレベルでアンプの負荷やボイスコイルの負荷を考えて発熱などを監視しながら実行しました。

そうするとビビり音は無くなったようです。

原因ははっきりしませんが、全体がこなれたからかもしかしたら何かが当たっていてそれが振幅を比較的大きくとったので離れたのかもしれません。

2019/6/8 追記
さらに20Hzでエージングしたところ変な付帯音がして調べてみるとツイーターの周りが共振していました。ネジを占め直して付帯音は無くなりました。
各周波数で鳴らしてみて変な共振がないか調べてだいたいOKになりました。
13Khzぐらいまで聞こえましたが、これ以上は聞こえず。
20Hzでも結構聞こえるのでDEQ2496のイコライザで20Hzまでを+補正しました。
2213Hは結構下の方まで再生されてるのが確認できました。
ポートノイズが少しあるのですがこれはちょっと難しそうです。
調整後は全体的にS/Nが上がって雑味が無くなった気がします。
古いスピーカーを持ってる人は一度スイープ音を入れてみて変な音がしないかチェックしてみたら音が変わるかもしれません。

nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

真空管修理(Philips ECG 7581A) [オーディオ関係]

気が付くとすっかり桜も散り夏が近づいていました。

だいぶ昔に手に入れた真空管アンプの Valve 100SE ですが、最近はアッテネーターを噛ませてヘッドフォンアンプとして使っています。

相当昔に買った平面駆動型の T40RPmk2 があるのですが、これが普通のアンプでは駆動しきれずに音がまともに出なかったのですが、真空管アンプ経由では低音もちゃんと鳴るので最近また使うようになりました。

昔にストックしていた真空管で Philips ECG 7581A があるのですが、

a0.jpg

これがノイズが乗ったりフィラメントが光らなかったりして、足をいじると直るのでだましだまし使っていましたが、ついにノイズが乗りっぱなしになり仕方ないので修理を試みました。

ただ、修理と言っても密閉されている真空管で手が出せるのはピンコネクタの接触ぐらいです。
中のリードが接合されてますが、その接触が悪くなってるのかもしれないと思いますが、いかんせん袴部分も外れません。

それであきらめかけてたのですが、ピン部分は中は空洞で中にはリードとの接合部があると思いますが、ここをペンチで少し潰してみました。

a1.jpg

真空管の歴史的価値を考えるとあまりこういう修理は良くないと思うんですが、これで接触が戻りノイズは消えました。

この真空管音がいいのでもったいなかったのですがまた復活して使えそうで良かったです。

真空管を色々聞いているのですが、真空管によって解像度や音の出方が違うので面白いです。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

deq2496修理 [オーディオ関係]

もうだいぶ長い間使っている ベリンガー DEQ2496 ですが、イコライジングに今も使い続けています。

ALEXA の音声を外部スピーカーで鳴らすためにアナログ入力を使っているのですが、最近どうも左の音量が小さくなるようになりました。

a3.jpg

アナログ入力の接触不良かと思いましたが、接続をいじっても治らず仕方ないのでばらして修理します。

a0.jpg

久々に開けましたが、劣化とかはないようです。

a1.jpg

XLR 端子がアースにバイパスされていますが、ここがなんか割れてるようだったのではんだ補正して、その他もはんだし直しました。

a2.jpg

アナログ入力の最大レベルを決めるスイッチが裏面にあるのですがここはアナログでの処理となっていてデジタルではなくここも端子をはんだし直しました。

すると直ったようです。

まだまだ現役で頑張ってもらえそうでほっとしました。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - オーディオ関係 ブログトップ