So-net無料ブログ作成
ドラム ブログトップ
前の3件 | -

CY-5修理 [ドラム]

ROLAND の V-DRUMS の CY-5 というハイハットパッドが叩くと何回も音が出るようになりました。

P7122444_small.jpg
このねじ止めしてるあたりがきしんでます。

P7122440_small.jpg

ゴムのカバーを外すとこんな感じで長持ちする秘訣はこのシンプルさにあるように思います。

P7122442_small.jpg

非常にシンプルでつぶれようがない感じです。

原因は裏のねじが緩みかけていたようで、裏蓋を外して付け直すと直りました。

タグ:修理 CY-5

PD-125 修理 [ドラム]

もう長年使っている PD-125 というトリガパッドなのですが、最近まったく細かい音を拾わなくなりました。

all.jpg

とりあえず、ばらします。

rim.jpg

普通のドラムのように鉄製のリムにゴムがコーティングしてあるものが付いてます。チューニングキーでチューニングしますが、真ん中にあるトリガに対する周辺の感度を調整する感じです。

shell.jpg

ちゃんと木製のシェルです。結構立派です。ちなみに MADE IN USA です。

trg.jpg

肝心のトリガユニットです。かなり汚くてブロアで埃を除去して掃除機で吸いました。

trg3.jpg

これはトリガのユニットの周りをスポンジで囲ってます。触ってみると弾力が無いです。ヘッドの真ん中あたりを強く押し込むとスポンジが戻ってこなくて一瞬で壊れるのではないでしょうか。もともとこうかはわかりませんが。振動が伝わりやすくするためにこうなってるのかは不明ですが、頭は引っ込んでます。ヘッドにトリガがあたっていない状態です。小さな振動ではトリガに振動は伝わらないです。こんな簡単な作りで叩いた信号を作り出すのだから凄い信号処理です。

trg2.jpg

外すと裏にこんなトリガが付いてます。これはリム用でしょうか。
V-DRUMS のパッドは結構長持ちしますが不具合が起きると結構職人芸的なバランスの部品の調整を要求されて並大抵では元通りにならないのですが、これも下手に修理するとリムのトリガとメインのトリガのバランスが怪しそうです。

spon.jpg

ホームセンターでこれを買ってきました。
かなり耐光性など考慮しないといけないのでゴム系のもので、固さが似たのを選びました。

bond.jpg
接着剤はこれにしました。

add.jpg

こんな感じで貼り付けます。

これで細かいロールも大丈夫になりました。今の所問題ないです。

内部は単純な構造なんですが、修理はいつも一苦労になります(というか完全にはパーツ取り換えが必要と思います)が、今回は今の所大丈夫??そうな気がしますが、エージングでどうなるかわかりません。

enaga.jpg

エナガがいました。

2014/6/30 追記
3ヶ月経ちましたが感度良好で大丈夫そうです。


TD-9 Ver2.0 Update [ドラム]

TD-9 という家で練習できるドラム音源があるのですが、いつのまにかソフトウェアがアップデートされていました。

P2250006_small.jpg
TD-9 Upgrade Package

アップデートしないのもなんなので、良くなるのか半信半疑で入れてみました。

アップデートパッケージは 2GB のUSBメモリという形で提供され、そこからファームのアップデートをします。

アップデートは今まで作っていたドラムセットをUSBにバックアップしてから行います。

バックアップしてファームをアップデート。そして、ファクトリーリセットします。
そうすることで、ドラムキットが99まで拡張されます。
前半は新ドラムセット、中間に今までのドラムセット、後半はユーザ領域になっています。
そして、自分の作っていたドラムセットを90以降のユーザ領域などに読み込んで復活させます。

音なのですが、すごく変わります。何か、よりパワフルになった感じで、ハイハットもアクセントが気持ちよくなった気がします。そして、スネアのロールが今までよりつながりがきれいな気がします。
USB メモリにMP3を入れておけば再生できるので練習やコピーも簡単にできます。
より楽しくなったというのが感想です。夜は気を付けないといけませんが。
入れてみて正解でした。良くなってます。

IMG_0238_small.jpg
今日公園で居てました。たぶん、カイツブリの冬羽でしょうか。

seki.jpg
ハクセキレイ

前の3件 | - ドラム ブログトップ