So-net無料ブログ作成

自転車スタンド戻らない修理 [DIY]

かなり前に買った電動自転車で親が使っているのですが、突然スタンドが上がらなくなったという事で自転車を置いてきたという事態になりました。

かなり遠いところに置いてきてもう汗だくで真夏の日の中帰ってきたようです。
まだ、元気で安心もしたのですが、取りに行ってしかもそこで修理しないといけないです。

前に一度同じような症状になってその時は無理にスタンドを誰かに戻してもらって部品が曲がっていたのでそれかなと思いながら工具をもって歩いて取りに行きました。

そしてスタンドを上げてみると確かに見事に引っかかって上がりません。

部品もまっすぐに修正したままで一見どこもおかしくないように見えました。

暑い中どうしようと思っていたのですが、発見しました。

a0.jpg

赤でしるしをつけたところが自動ロックの機構なのですが、ローラー側がさび付いていました。

a2.jpg

さらに、上側が何回も無理な力がかかり鉄がへこんでいました。

a1.jpg

さび付いたローラーがこの凹みに食いついて動かなくなっていました。

とりあえず、ロックを少し戻してサドルを上げて帰宅して、凹みを金やすりで平らにしました。

ローラーはもうさびていてどうしようもなくとりあえずは注油とグリスを上側にも塗布したところ無事スタンドが上がるようになりました。

これ、後で調べてみたら結構有名な不具合のようですが、こういう大量に出ている部品でこういう不具合は驚きでした。

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PAS Brace-L 後輪タイヤ交換 [DIY]

もう買ってから余裕で10年以上は経過しているPAS Brace-Lですが今だバッテリーも大丈夫で現役です。

しかし、前に前輪のタイヤがヒビが入っていて交換したのですが、後輪も同じようにかなり古くなっているのでいつかダメになるだろうと思っていたところ、後輪のタイヤに出っ張りが出てしまいました。

どうも、内圧に負けてタイヤ自体が形を保てなくなったぐらいすり減ったようです。

後輪は構造が複雑でできればやりたくなかったんですが、交換することにしました。

とりあえず、ネットで調べて大体やり方を把握しました。

交換するタイヤは




にしました。

a1.jpg

チェーンは駒を外して切断しておきます。
こうするとかなり手間が省けました。

a0.jpg

後輪のブレーキのワイヤーを外します。
後で戻せるようにしるしをつけておきました。

a2.jpg

いきなり後輪が外れてますが、一番厄介だと思っていた変速ワイヤーは引っかかってるだけで簡単に外れ、組みなおすときもはめ込むだけでした(ただし、組みなおすときはかなりはめにくく苦労しました)。

a3.jpg

こんな感じでアセンブリーになってます。

a4.jpg

こちは速度を計測するエンコーダーマーク?になってます。
かなりプラスチックにヒビが入ってますが、このままいきます。

a5.jpg

外したタイヤを見てみると後ろから見てももう裂ける寸前でした。

新しいタイヤを付けて組みなおして終了。

後輪を止めている大きなナットはとりあえずは締めて後輪を回してみてスムーズに回るように微調整して本締めして、試しに乗ってみてまたスムーズに回るか確認します。

完成と行きたいところですが、組みなおしたのちタイヤから空気が抜けてました。

またタイヤを外してチューブを出して水につけて穴を探してパッチを当ててると、また空気漏れ。

次は水につけてもなぜか空気が漏れておらず、原因不明でしたが、バルブの虫を交換したら今度は空気が漏れなくなりました。

結果、交換自体はアセンブリーパーツで構成されていて思ったより簡単でしたが、のちの空気漏れはかなりてこずりました。

タイヤ交換するときはチューブも交換した方がいいかもしれません。





HE規格なので一般の自転車とは規格が違いサイズの数値が同じでも互換性ありませんので注意必要です。

結構大変でした。

これで前後ともタイヤも新品になってまだだいぶ乗れそうです。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Oculus GO 曇り止め対策 [DIY]

いつのまにやら年も明けてしまいました。

前に買った Oculus GO ですが、最近寒いのでつけるとすぐにレンズが曇ってしまいます。

何かいい案がないかと色々試していたのですが、






ホームセンターで売っている眼鏡の曇り止めジェル。
これが効果ありました。

a2.jpg
Oculus GO の本体のレンズに米粒ぐらい付けてかなり全体的に伸ばし擦り取ります。
膜が少し残るぐらいまでしつこくティッシュでこするぐらいでいいみたいです。

a3.jpg
前作った視度補正アタッチメントの両側にも米粒大ぐらい塗って塗り伸ばしてティッシュで磨きます。
息を吹きかけて虹色になるようならOKです。

そして、つける前にファンヒーターで少しレンズ面を温めてから使うとさらに効果が高いです。

上向いたままつけていても結構持ちましたが、レンズに水滴がつくぐらいまで行くと画面が歪んできます。
レンズ面を温めるのと併用するといいのですが、長いこと付けてると目が居たくなってくるのでここら辺の改良期待したいです。

nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー